top of page

①翻訳=言葉を置き換える?



皆さん、こんにちは。翻訳者のネルソン聡子です。翻訳業を生業としながらRAY translation Academy & Communityを運営およびAcademyの講師をしています。

この『Translation skills BASIC:翻訳スキルUPを目指して基本を学ぼう!』は、翻訳をするために欠かせない「考え方」や「スキル」を学ぶ12回シリーズのブログです。12回すべて読めば翻訳者になれる!というわけではないのですが(そういった謳い文句に出会ったら要注意です!)、翻訳の楽しさや難しさは十分に知って頂けると思います。例文を解説しながら進めますので、ぜひ実際に訳してみて下さい。

紙とペンの用意の用意はいいですか? では、レッツゴー!


初回は、まず「翻訳って何?」というところから始めましょう。私が翻訳を教えているのは、主に翻訳すること自体が初めてという方々です。そのため、細かい箇所を一つひとつ丁寧に取り上げていくのですが、翻訳の課題に取り組み始めると、ほぼ100%の確率で受講者の方は「思ってたよりはるかに難しい」ことを実感されます。


さて、何が難しいのか。色々な要素がありますが、一番はズバリ「英文和訳から抜け出す」ことです。


例えば、下記の青い部分の文章を見てみましょう(一緒に訳してみましょう)。

Six am on a cold Sunday morning in December. The alarm on my phone begins to buzz. I could already tell it was going to be a bad day. Rolling over and onto my feet, I quickly tap the screen to silence my phone. I had been trying hard to stall what was coming today, but my wife had finally talked me into it. She puts her hand on my shoulder. “Are you ready?” She asks with a big smile on her face barely holding in her excitement at what was to come. “OK. Lets’ get this over with.”

Our normal Sunday morning routine has been the same for almost a year now. We wake up, have coffee, check our email, have some breakfast then clean our small humble home.

"Untitled - Flashbang! A Collection of Very Short Stories VolumeⅡ"



これを機械翻訳かけると下記にように出てきました。



私たちのいつもの日曜日の朝の日課は、もう1年近く同じだ。朝起きて、コーヒーを飲み、メールをチェックし、朝食をとり、狭い我が家を掃除する。


英文和訳として間違いではありませんね。英文の順番通りに和訳されていますし英語の単語一つひとつが日本語になっていますので、学校の試験だったら満点の可能性大です。ですが、翻訳という観点から見ると合格点にはまったく届きません。それは「英語の単語一つひとつが日本語になっている」からです。


「ん?それでいいんでしょ?」と突っ込みたくなるかもしれませんが、ここが「思っていたよりはるかに難しい」部分なのです。



英文和訳と翻訳の違いを簡潔に言うとすれば、下記のように定義できるのではないかと思います。


英文和訳=英語を日本語に置き換える

翻  訳=英語の意味、内容、文脈を解釈し、日本語で表現する



そして、受講者が「思っていたよりもはるかに難しい」という印象を受けるのは、この英文和訳と翻訳のギャップに直面するからです。


では、先程の英文を翻訳してみましょう。何パターンか挙げてみますね。

細かな違いも注目してみてください。


Our normal Sunday morning routine has been the same for almost a year now. We wake up, have coffee, check our email, have some breakfast then clean our small humble home.


1.僕ら夫婦には、一年近く変わらない日曜の朝の過ごし方がある。起きたらまずコーヒーを入れて飲み、それぞれがメールをチェックしたあとに朝食。そのあとは、この平凡ながらもささやかな我が家の掃除だ。


2.僕ら夫婦には、決まった日曜の朝の過ごし方がある。もう一年近く変わっていない。起きたらまずコーヒーを入れて飲み、それぞれがメールをチェックしたあとに朝食。そして、この平凡ながらもささやかな我が家を掃除する。


3.僕ら夫婦には日曜の朝の過ごし方があり、それは一年近くも続いている。起きたらまずコーヒーを入れて飲み、それぞれがメールをチェックしたあとに朝食。そのあとは、この平凡ながらもささやかな我が家の掃除だ。



ここで、最初の一文「Our normal Sunday morning routine has been the same for almost a year now. 」の英文和訳(機械翻訳)と翻訳を比べてみましょう。


英文和訳

私たちの日曜日の朝の日課は、もう1年近く同じだ。


翻訳

1.僕ら夫婦には、一年近くも変わらない日曜の朝の過ごし方がある。

2.僕ら夫婦には、決まった日曜の朝の過ごし方がある。もう一年近く変わっていない。

3.僕ら夫婦には日曜の朝の過ごし方があり、もう一年近く続いている。



好みもあるかと思いますが、翻訳された文章はいずれも英語の意味を損なわず、日本語としても自然になっているのではないでしょうか?



この文章へ翻訳するまでには、少なくとも下記の5つの作業があります。



1.英語の文章が何を伝えようとしているのかを把握する。

2.物語の場面を具体的にイメージする。

3.その文脈の中で英語の表現や単語がもつ意味を想像する。

4.英英辞典で言葉の意味を調べる。

5.日本語として自然な文章になっているか確認する。



学校のテストや受験の問題では、ここまでしませんよね。

英文和訳と翻訳の違い、少しイメージがついてきたでしょうか?


では、翻訳をする視点から、例文の英文和訳の改善点を3つ挙げますね(それ以上にありますが、ここでは主な点に絞ります)。


改善点1:「routine」=「日課」??

確かにそのような意味にもなると思います。でも「日課」というのは「毎日する決まった仕事や作業」ですね。ここでは「毎週日曜日」の話をしているので「毎日」ではありません。また「自分たち夫婦がどのように日曜日の朝を過ごしているのか」(一連の流れ)を語り手が話していますので、その視点からしても「日課」はそぐわないことが分かります。


改善点2:「の」と「日」の繰り返し

「の」の繰り返しは2つまで、というのが翻訳の基本です(英文和訳では3つ出てきます)。「日」の繰り返し(日曜日、日課)も気になるところですね。同じ文字、表現、言い回しが続くと文章が読みにくくなるのです。避けたい繰り返しにはいくつか種類があるのですが、これはまた別の回でお話しますね。


改善点3:日本語で代名詞はあまり使わない(会話でも文章でも)

英語は必ず「I, You, We・・・」等が文章の最初にありますね(無生物主語などは別)。ですが、日本語では代名詞を使って話すことはあまりないのではないでしょうか?


I told him to do it.


という文章は、例えば「彼にやるように言ったんだ」「やれよって言っといた」、場合によっては「彼に指示をした」などの表現が自然だと思いませんか?これを「私が彼にそれをやるように言ったんだ」とは言わないと思います(「I」や「 it 」を強調する場合は別ですが)。日本語では代名詞を省いたほうが自然に読める場合が多いので、私もよく省きますし、代名詞を具体的な名詞にするという手法も使います(例文の「僕ら夫婦」の部分が、それにあたります)。


また、これは次回以降で詳しく話していきますが「same」の訳にも要注意です。


学校では「same」=「同じの、同様の」と習いますよね。私も日本の教育を受けて育ったので「same」を聞くと自動的に「同じ」という言葉が浮かんできます。


ですが、翻訳を見て頂くと分かるように「same」はいつも「同じ」ではなく、その文章によって相応しい表現があるのです。原語で書かれている内容やニュアンスをどうやったら日本語で伝えられるか。それを考え出す(絞り出す)のが一番の苦しみですが、それが一番の楽しみでもあります!


英文和訳と翻訳の違い、いかがでしょうか?


翻訳とは・・・

✕ 原語を日本語に置き換える

◯ 原語の意味、内容、文脈を解釈し、日本語で表現する



ぜひ、頭の片隅に置いておいてくださいね。

次回からは、いよいよ翻訳に必要な5つのスキル「原文理解力」「リサーチ力」「イメージする力」「文章の構成・表現力」「校正力」を解説していきます。


では、また次回の『Translation skills BASIC:翻訳スキルUPを目指して基本を学ぼう!』でお会いしましょう!



 

RAY translation Academyでは、翻訳者に1対1で相談ができる「Private session」を行っています(課題の添削、翻訳レベルの診断もあり)。ご興味のある方はこちらから詳細を御覧ください。

bottom of page